2016年12月03日

エミュで遊ぶレトロゲー


簡単な攻略法も追記してみた(簡単に攻略できる方法、ではない)

わざわざエミュでプレイするってことは、
 1.実機が既に手元にないor壊れてる
 2.実機より高画質で遊びたい
 3.チートやら倍速動作やらリアルタイムセーブ&ロードやら使いたい
くらいでしょうかね。1.は法に抵触する可能性あるんで気を付けたいところですが。


んで、15年以上前のゲームを遊び倒した成果が以下のとおり(15年前はBライだけ全ゴールドだったと記憶)。GT3のデモはPCSX2だとまともに動作しないので、それを補完できたらいいかなぁ、って感じで簡単な攻略法も述べてみる。あと、GT3もGT4もアナログコントローラのスティックがアナログ動作してないみたいで、実機より操作がダイレクトに挙動に影響しやすいんで(実機で十字キーで操作する感覚)、より繊細でタイミングが難しいように感じたことも追記しておく。


ライセンス-B

ここさえゴールド取れれば「ロードスターRS」が貰えて、序盤で資金に苦しむことなく楽に進められます。
B-1
 実はMTにして2速発進すれば楽勝。ブレーキ開始は940m辺り。MTの自己ベストは、34秒376。
B-2
 ここも2速発進で、シフトアップを5500rpm(レブリミットに当たる直前)まで引っ張ると速い(2速発進でホイルスピン収まると同時に1速に落として〜とかやるとさらに速いが忙しい)。ブレーキ開始は880m付近で、850m辺りでアクセルを抜いて前荷重にしておくと、制動距離が多少短くなる模様(気のせいレベル)。MTの自己ベストは、24秒863。
B-3
 ここも2速発進で、シフトアップは6500rpm。コーナーは脱出速度重視で、デモのラインより奥にクリップを取ったほうがコースアウトを回避しやすくて速い(と思った)。大胆に縁石に乗り過ぎると失速するので注意。MTの自己ベストは、30秒448。
B-4
 1速発進で3000rpm辺りでクラッチミートするといい感じ。シフトアップは9500rpm。コーナーはB-3と基本的に同じだが、FRなのでアンダーは弱め。MTの自己ベストは、28秒559。
B-5
 2速発進で、シフトアップは8500rpm。一つ目の左・二つ目の右コーナーは、次のコーナーに備えて3速のままIN寄りに立ち上がる。最後の左コーナーは2速進入し、INを失格にならないギリギリでかすめて、アウトインアウトでコーナリング速度と加速の両立を。MTの自己ベストは、33秒457。
B-6
 1速3000rpmでクラッチミート、シフトアップは8000rpm。B-5とほぼ同様だが、最後の左コーナー脱出後は2速で引っ張る余裕もないので、ギアはフィニッシュラインまで3速のままでOK。MTの自己ベストは、32秒381。
B-7
 1速7000rpm(全開より少しだけ回転落とすと速い)で発進、シフトアップは7500rpm。緩いS字は最短距離を通り、1つ目のトンネルに入るまではアクセル全開で走行可能(ATの場合は4速に入らないよう注意)。2つ目のトンネル手前コーナーでアクセルを緩めてラインに乗せたら、壁に当たらないようにフィニッシュラインまで最短距離を全開。MTの自己ベストは、32秒430。
B-8
 1速全開で発進、シフトアップは8000rpm。最初の左コーナーを立ち上がり切るまで2速のままで我慢、その後のタイトな右は2速進入アウトインアウト。続く緩い右は軽くアクセルオフで縁石に乗せながら小回りめにクリア、最後の左はアクセルオフでトンネル出口壁の角を掠めるラインに乗せたら、アクセル全開のまま立ち上がりでテールを滑らせないように小まめに修正舵を切りつつ抜ける。MTの自己ベストは、42秒157。


ライセンス-A

プレカーはRX-8。
A-1
 最速の発進は忙しくなるが、「2速5000rpmでクラッチミートし、ホイルスピンが収まると同時に1速へ落とし、8500rpmでシフトアップ」な感じか。難しければ1速2000rpmでクラッチミート&8500rpmでシフトアップしていけばデモよりは速い。緩い左をインベタでクリアし、挙動を乱さないよう注意しながら2速まで減速、右コーナーの縁石に長めに乗って加速重視ラインで。MR特有の、ブレーキしながらのターンインや縁石乗り上げで挙動を乱しやすい特性に注意。MTの自己ベストは、32秒317。
A-2
 1速全開発進、シフトアップは8500rpm。ストレートは最短距離を通ってからコース右サイドへ。複合の1つ目左のクリップをかすめるようにブレーキングし、小回りに車の向きを変えたら、ホイルスピンを抑えつつ2つ目左のクリップ&コース右の縁石をかすめるように最短距離をフル加速する、いわゆるV字ライン。ギアは3速だとホイルスピンを抑えやすいが、恐らく2速でないとタイムを稼げない。MTの自己ベストは、25秒697。
A-3
 1速3000rpmで発進、シフトアップは9500rpm。3速進入で複合の1つ目右をINの芝に乗り上げるくらいカットしたら、2つ目右は無理にクリップに付かず(楽にクリップに付けるようでは進入速度が遅すぎる)、アウト一杯までワイドに弧を描くラインで加速重視。MTの自己ベストは、29秒379。
A-4
 2速発進したら、3速105km/h前後でひたすら縁石に乗り続ける。100Rに比べて縁石の幅が狭いのでパイロン接触に注意。フィニッシュラインへはハンドル切りながらフル加速してやると若干速い。ステアリングコントローラがあれば簡単なんでしょかね?。MTの自己ベストは、42秒478。
A-5
 60Rとほぼ同様で、コーナリング速度は135km/h前後。60Rより縁石が広いので、乗り続けるのもさほど苦労しないはずだが、奥へ乗り過ぎると車体が跳ねるので注意。MTの自己ベストは、54秒652。
A-6
 複合一つ目の右コーナーの進入は、目安のラインよりもタイトに入るV字ラインで。2速で縁石をかすめながら立ち上がってコース右へ寄せ、長い左コーナーは3速のままクリップを奥に取る立ち上がり重視のラインで。縁石に乗るのが早すぎると挙動を乱したり脱出でコースアウトしやすい。MTの自己ベストは、26秒704。
A-7
 難関。スタート直後にステアリングをほんの少し右に切って、ブレーキング位置まで最短距離を。シフトアップはジャンプのタイミングに合わせると速い(ATなら丁度いいタイミングでシフトアップしてくれる)。コーナーのラインはデモが完璧すぎるのでお手本に。MTの自己ベストは、14秒140(ATより遅いw)
A-8
 高速S字はアウトから入って、次のコーナーに備えてイン寄りに立ち上がる感覚で。2つ目の右を全開のままパイロンギリギリを攻めつつどれだけタイト(右寄り)に立ち上がれるか、でタイムが大きく変わる。最後のきつい左は、デモは派手めのドリフトでクリアしているが、グリップのが安定して速い気がする。トンネル内は縁石のある部分はコースアウト判定が甘いので利用できる。MTの自己ベストは、15秒291。


ライセンス-Ib

難易度の割りに、プレゼントカー(Zコンセプト)の戦闘力がAライと大差ない(むしろ劣る?)ような気もするが・・・。
Ib-1
 3速発進でホイルスピンが収まったら2速へ。A-4とほぼ同様だが路面がスリッピーで、旋回速度は90km/h前後。マニュアルなら3速のがホイルスピンを抑えやすいと思う。MTの自己ベストは、48秒659。
Ib-2
 旋回速度は120km/h前後。他はA-5やIb-1と同様。MTの自己ベストは、1分01秒043。
Ib-3
 スタート直後に3速9500rpmまで引っ張るのを忘れずに。複合の1つ目の右コーナーをカットしながら2速までブレーキングし、向きを変えて加速しながら1つ目のS字の中間で3速へ(2速のままだとテールスライドして右壁へ接触しやすい)。あとは縁石に乗り上げながら最短距離を緩やかなラインで全開加速。MTの自己ベストは、22秒093。
Ib-4
 シフトアップは6600rpm(引っ張りすぎるとレブリミッターに当たる)。複合右コーナー進入は2速で、ブレーキングしながら1つ目をかすめて向きを変え、ホイルスピンに気を付けつつ2つ目をかすめて全開加速。MTの自己ベストは、19秒364。
Ib-5
 2速発進だが、全開より少し緩めたほうが若干速い。シフトアップは7500rpm。緩い右をインベタで加速しながら抜け、シケインは2速で進入。脱出速度を重視して手間の左はインベタで立ち上がり、奥の右はアウトインアウト。MTの自己ベストは、28秒122。
Ib-6
 結構難関。フィニッシュラインまでアクセル全開でいける。シフトアップは8000rpm。パイロンに当たらないよう注意しながら、クリップを奥めに取って次のコーナーに備える。砂に乗ると失速するが、終盤の芝は影響少ないのでショートカット可能(カットし過ぎると一発失格)。ASMが勝手に効くのでオーバースピードになりにくい。MTの自己ベストは、23秒760。
Ib-7
 ASMが効かないのでIb-6より操作の難易度は高いが、速度が落ちないので走破タイムは速く、クリア難易度は低い。危ないと思ったら躊躇せずアクセルオフ。MTの自己ベストは、23秒551。
Ib-8
 シフトアップは8500rpm。緩い左は全開で抜けられるが、続くきつい左のブレーキングで挙動を乱しやすくなる。2速でIN寄りに立ち上がって3速へ入れたら、軽くアクセルを抜いてS字の1つ目の右をクリア、あとはフィニッシュラインまで3速のまま全開で走行可能。砂に乗って失速しないよう&芝に乗り過ぎて失格にならないよう注意。MTの自己ベストは、31秒284。


ライセンス-Ia

プレカーはバンキッシュ。
Ia-1
 最初の左コーナーでタイムが大きく変わるが、全開のままクリアするのは極めて困難。壁に当たらず、失速せず加速しながら抜けられる、極力緩やかなラインを見つけることが重要。他は、コース中間の長く大きい複合コーナーの一つ目と、最後の下り左コーナー以外は、全開でクリア可能。緩やかな弧を描くラインで。MTの自己ベストは、39秒240。
Ia-2
 結構難関。短くコーナーが少ないのでタイム大幅短縮は難しいが、シフトアップが計3回あるので10000rpmまで回してやれば0.05秒ほどは稼げる。高速S字はパイロンに接触しないように、乗り上げすぎて跳ねないように注意しながら、加速重視の緩やかなラインで。MTの自己ベストは、15秒594。
Ia-3
 シフトアップは回し過ぎず、6700rpm辺りのが若干速い。B-7と同じコースだが、既に速度が出ているので大きな弧を描くラインで高速S字を抜ける。きつめの右コーナー2つは4速で。MTの自己ベストは、23秒162。
Ia-4
 シフトアップは9500rpm。ストレートエンドの右直角コーナーは3速まで減速してアウトインアウト、高速S字は4速のまま軽くアクセルオフで進入し、大胆に縁石に乗り上げながら最短距離を加速重視で抜ける。ダウンフォースが効くので挙動を乱しても立て直しやすい。MTの自己ベストは、31秒644。
Ia-5
 結構難関。シフトアップは5500rpm。コークスクリューの進入は、坂を登りきる前にブレーキ開始すると挙動が安定してコースアウトを回避しやすい。1つ目左を2速で抜けたら、2つ目右は3速でインベタ気味に立ち上がり、続く下りの左コーナー進入でアクセルを軽く抜いたら、アウトセンターインアウトなクリップを奥にとるラインを、コース両サイドの縁石に乗るくらいアクセル全開で攻めていく感じ。コーナー後半にしか縁石が無いのがラグナセカの特徴?のようで、基本は立ち上がり重視ラインのが速いと思う。MTの自己ベストは、22秒840。
Ia-6
 シフトアップは回し過ぎず5600rpm辺りで、最初の左コーナーまでに5速へ、最後のゆるい左コーナー手前で6速へ。1つ目の左コーナーは全開でもいけるが続く右コーナーが苦しくなるので、進入で軽くアクセルオフしたほうがよさそう。全開ではクリア不可能な右コーナーを、どれだけ攻められるかでタイムが大きく変わる(加速重視ラインで縁石に長く乗れると速い)。MTの自己ベストは、19秒798。
Ia-7
 シフトアップは8500rpm。立体S字区間はアクセル全開のままで縁石をかすめて、登りで修正舵を切って見えない次コーナーへの下り進入に備える。最後のきつい複合は、2速で立ち上がるとテールスライドからコースアウトしやすいので注意。MTの自己ベストは、45秒545。
Ia-8
 タイム的には充分に余裕のある設定。シフトアップは8000rpmだが、タイムを稼げる機会はあまりない。A-4などの定常円の応用。パイロンに当たらないように注意して、芝や縁石に乗りながら最短距離を攻め続けるのが重要。終盤のタイトコーナー2つは、コースアウトやパイロン接触しやすいので安全重視が吉。MTの自己ベストは、1分06秒672。


ライセンス-S

全てフルコースでのタイムアタックなので、しっかりコースを覚えておくことは必須。プレカーはバイパーGTS-Rコンセプト。
S-1
 軽量で非力だが、コーナリング速度とトラクションに優れたマシン。MRらしく縁石に乗ると挙動が乱れやすいが、タイムを削り取るには多少は乗っていかないと難しい。砂に乗ると大きく失速するので注意。ハイスピードのまま進入し、加速しながら抜けていくことが重要。MTの自己ベストは、1分38秒485。
S-2
 ロー&ワイドなボディにハイパワーなエンジンで、ブレーキの効きが悪く減速しながらの進入はアンダーが強いが、MRでワイドなリアトレッドなため旋回加速のトラクションは良好。よって基本はスローインファストアウト。路面はスリッピーだが2速ならホイルスピンも抑えやすい。コースぎりぎりを攻めるとリアのタイヤハウスが壁に当たりやすいので注意。乗っていい縁石と乗ってはいけない縁石の見極めが重要。MTの自己ベストは、1分27秒691。
S-3
 とにかく非力なので無駄な減速をしないことが最重要。序盤の高速S字は最短距離を、B-8でも走った前半のタイトな右や裏ストレートエンドの左コーナーは脱出速度を特に重視して、全てのコーナーで速度を落とさないように攻めていかないとタイムを削れない。MTの自己ベストは、1分50秒698。
S-4
 結構難関。ダウンフォースが効く割りにリアのトラクション性能が甘い車。ブレーキ性能は優秀。複合の右1〜2コーナーはA-3を、中盤の複合右〜長い左はA-6を、後半の高速S字〜低速左コーナーはA-8を参考に。低速左をホイルスピンを抑えてスムーズに加速させるのがタイム短縮のカギ。MTの自己ベストは、1分10秒123。


S-5
 非力マシンだが、ウェット路面に軽量FRなのでホイルスピンしやすい。基本的にはS-3のように無駄な減速を抑えてクリアしたいところだが、オーバースピードだとアンダーが強く出てラインをトレースできないし、アクセルオンが早すぎるとホイルスピンが止まりにくい。低速コーナーは3速ならホイルスピンを抑えられるが、中速トルクが細いのでタイムを削るためには2速で加速しないと難しい。修正舵ではなくアクセルの加減でホイルスピンを封じ込めるのが重要。MTの自己ベストは、1分57秒161。
S-6
 結構難関。スリッピーな路面で高低差の大きいコースをFRレーシングマシンで駆け抜ける。ダウンフォースは効いているが、低速コーナーでは効果が弱いので過信は禁物。複合の1〜2コーナーはA-2を、コークスクリューはIa-5を参考にして、それ以外の中速コーナーは奥にクリップを取って大胆に縁石に乗り上げる立ち上がり重視のラインで。最終コーナーはホイルスピンしやすくコースアウトしやすいので、縁石は少しかすめる程度が安全。MTの自己ベストは、1分15秒701。
S-7
 軽量FRにハイパワーなエンジンでトラクション性能が甘いマシン。楽にドリフトできるので、低速ヘアピンの進入はブレーキングドリフトでも悪くないが、立ち上がりはテールスライドを抑えてやらないと速くない。コーナーからのスムーズな加速がタイム短縮のカギで、縁石に乗りながらアクセルオンしてやればホイルスピンを抑えやすい。よくワカランという人は↓にあるオマケを参照。MTの自己ベストは、2分05秒939。
S-8
 今までとは比較にならないほど高性能なマシンを駆って、今までとは比較にならないほどテクニカルなコースを攻める。低速ギアのホイルスピンが凄まじく扱いに苦労するが、3速ホールドで回ってやればスムーズに立ち上がれるし速い。ブレーキも良く効きコーナー限界も高く、タイム的余裕も大きい設定なので、実はそれほど難しくはない。MTの自己ベストは、1分25秒580。


ライセンス-R

プレカーはインプレッサラリーカープロトタイプ。
R-1
 シフトアップは6000rpm手前辺りのが速い。左側のダートから5速ホールドでアクセル全開のまま進入。壁に当たらないようにドリフトを抑え気味に立ち上がる。MTの自己ベストは、15秒212。
R-2
 シフトアップは6000rpm辺り。高速S字区間は次のコーナーの進入に備えてイン寄りに、かつドリフトしすぎて失速しないように大きな弧を描くラインで。最後の左はアクセル全開のまま進入で5速に落とし、イン寄りに立ち上がって直線的にフル加速。MTの自己ベストは、28秒576。
R-3
 シフトアップは5700rpm辺り。S字の左は草地を大胆にカットし、続く右へアウトインで入って可能な限りイン寄りに立ち上がる。最後の大きな右もインの草地に乗って、外へは膨らみ過ぎずに最短距離を立ち上がるイメージで。MTの自己ベストは、21秒792。
R-4
 シフトアップは5600rpm前後。最初の左は5速で、続く右〜左のS字は4速で、ブレーキは踏まずにアクセルオフとステアリングでドリフトしながらラインに乗せ、アクセル全開のまま最小限の修正舵(理想はゼロカウンター)を切って立ち上がる感覚。最後は4速のままフィニッシュラインまで。MTの自己ベストは、22秒026。
R-5
 シフトアップは6300rpm前後(ATでもOK)。コース左一杯から右壁の鼻先をかすめて2速までブレーキングしタイトな左コーナーへ。コース幅は広いが距離のロスが大きいのでイン寄りに立ち上がり、最後の大回りな右にアウトから入ってインベタを攻めながらクリップを奥めに取る感じで、外に膨らまずに最短距離を立ち上がる。MTの自己ベストは、26秒468。
R-6
 難関(個人的には一番苦労した)。シフトアップは7400rpm前後。コース幅が狭く旋回速度重視だとリスクが高いので、立ち上がり重視のアウトインセンターなライン取りがベター。1〜2コーナーは1速で立ち上がったほうが速いかもしれない(シフト操作は忙しくなるが)。最終コーナーは意識してイン寄りに立ち上がらないと、コース左の壁に当たりやすいので注意。MTの自己ベストは、29秒059。
R-7
 シフトアップは6700rpm前後(ATでもOK)。R-6と同様、基本はアウトインセンターのライン取りで、ゼロカウンターで立ち上がれると速い。アンダーが強めなマシンに下りコーナーばかりなので、進入できっちり減速しておくのがカギ。MTの自己ベストは、21秒889。
R-8
 シフトアップは6300rpm前後(ATでもOK)。コースをしっかり覚えることがまず必須。そのうえで、スローインファストアウト・アウトインセンター・ゼロカウンタードリフト、で各コーナーを攻め続けられれば問題なくクリア出来るはず。アーケードのタイムアタックでも同じ条件で挑むことになるので、しっかりと走り込みを。MTの自己ベストは、1分56秒313。


タイムアタック

SやRのライセンス試験に比べれば楽勝の部類。なのにプレゼントカーはとっても豪華なエスペラントGTR-1。
TA-1
 シフトアップは7900rpm前後。軽量MRゆえに縁石に乗ると大きく挙動を乱すので、オーバースピードで縁石に乗ると一気にリアを巻き込んでスピンアウトしやすい。縁石に乗った時に素早く修正舵を切って、破たんしないように攻め続けることが大事(かなり疲れる車)。MTの自己ベストは、1分21秒656。
TA-2
 シフトアップは7900rpm前後、他はS-3に準拠。MTの自己ベストは、1分44秒159。
TA-3
 シフトアップは9400rpm前後。指示ギアより一つ低く落としてやる(例:4速指示を敢えて3速で進入)ことで立ち上がりの一伸びが変わってくるので、シフトアップ時に毎回少しだけレッドゾーンに入れてやるだけでも結構なタイムを稼げる。あとはIa-1やIa-4を参考に。MTの自己ベストは、1分57秒834。
TA-4
 シフトアップは8400rpm前後。B-4・B-7・Ia-3なども参考に。後半の下り中速左コーナーの脱出速度は、ストレートの伸びにまで影響するので、限界まで攻めながらもスムーズに立ち上がれるように練習を。最終高速コーナーは全開のまま失速せずにクリア出来るラインを見つけるのが大事。MTの自己ベストは、1分22秒627。
TA-5
 実はノーマル車扱いなモンスターマシン(XJ220ロードカーに次いで速い)。ハイパワーFRなわりに1速でもトラクションがよく扱いやすいので、S-6よりはるかに難易度は低い。MTの自己ベストは、1分19秒197。
TA-6
 2速ならしっかりトラクションがかかる、バランスの良いFRレーシングマシン。ブレーキを残しながらのターンインでも不安がなく、扱いやすいのでガンガン攻めていける。シフトアップは6800rpm前後(ATでもOK)。芝は多少ショートカットしても問題ないが、砂は大きく失速するので注意。終盤のシケインはパイロン接触で一発失格なので、そこまでにタイムを稼いでおくことが望ましい(目安としてセクター3で51秒前後)。MTの自己ベストは、1分14秒093。


TA-7
 MRレーシングマシンで総合力が要求されるコースを駆ける。シフトアップは9500rpm(レッドが9000↑なのに9200でピークパワーを発生する変わり種)。MRらしく縁石に乗ると挙動を乱しやすい。コース攻略はB-6・A-1・Ib-5も参考に。TA-1と同様、縁石に乗りながら修正舵を切って失速させずに加速させるのがコツか。MTの自己ベストは、1分44秒904。
TA-8
 車はR-7、コースはR-3・R-5を参考に。他のラリーカーに比べると、インプレッサは安定指向でアンダーが強めな印象なので、ドリフトさせたい場合は積極的にリアを振り回してやるくらいで丁度いい感じ。MTの自己ベストは、1分20秒820。
TA-9
 R-8と同じ車&コースなのでそちらを参照。タイム設定は難易度低い。MTの自己ベストは、1分55秒535。
TA-10
 GT3では唯一のRR車に乗って、恐らく初体験な極めて長いコースを攻める(ニュル北に比べれば短いが)。進入は若干アンダーが強いが、旋回加速のトラクション&ハンドリングが極めて優れていて、スローインファストアウトを意識すれば挙動を安定させながらも速く走れる。Ib-6・Ib-7での操作感を思い出しながら、コースを覚えるまで乗り回すのがクリアへの近道か。MTの自己ベストは、4分41秒909。


オマケ(高解像度なんでリンク先で見たほうがいいかと)。ウチの環境だと、回線がすいてる時間帯で1440p60までならスムーズに視聴できるけど、2160p60だと回線速度がネックになってちょくちょく止まる。23時前後の回線が混雑する時間帯だと、1080p60でも止まる時があるくらい。4Kストリーミングにはやはり、回線速度が何よりも不可欠ですなぁ・・・。
posted by たこ教授 at 23:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!元気ですかー?
1記事の内容の細かさからして、とても元気なのが伝わってまいりますw

毎度(?)おなじみではございますが、今年最後のご挨拶でございまする。

今年もお世話に・・・なった直接的なものはありませんがw
元気でいらっしゃるという生存確認が出来て、ほっこりしておりますw
来年も元気に、たこっていられますように!良いお年を!
Posted by レナ@海神 at 2016年12月26日 10:59
む、先越された。相変わらずマメですなぁ、モテる男の秘訣かな?

ゲームとかでは会ってないけど、こっそりブログ記事とか見て元気そうなのを確認してもっk・・・じゃない、ほっこりしてたりするんで、オラのほうは少なからずお世話になってますよw

来年も変わらずたこですよ、もう一生ですよ。たこ年たこ座たこ型の八黒水棲ですよ、ええ。
よいお年を〜^^
Posted by たこ at 2016年12月29日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。